てんやのこだわり

「てんや」はいつも「揚げたて・出来たて」にこだわります。

てんやの海老が『美味しい』理由

てんやの「海老」が美味しい理由は
「粗放(そほう)養殖」という養殖方法にあります。

てんやの「海老(ブラックタイガー)」が美味しい理由は、「粗放(そほう)養殖」という養殖方法にあります。「粗放養殖」では、人工的に整備されたコンクリート等の養殖池ではなく、自然のままのマングローブの池で、海に流れ込む水域を利用しています。稚海老の時から水揚げまで、天然(自然)に近い状態で育てます。そのため海老がのびのびと美味しく育つのです。また合成飼料・抗生物質など人工的なエサは一切使用せず、汽水域のプランクトンなどを食べて育つ安全・安心な飼育です。そして、養殖池周辺の木々を極力残し、生態系にも配慮した地球に優しい養殖です。
※汽水とは淡水と海水の混ざり合った状態のことです。

てんやの天丼のたれが『美味しい』理由

天丼のたれがさらに美味しくなりました。

創業からの味は変えず、食塩分を控えめ(従来から0.5%減)に。
さらにかつおだし等でだしの風味・旨味を強化。
美味しくなったてんやの天丼をお楽しみください。

※ お持ち帰り天丼のたれ(ボトル入り)の食塩分は従来どおりです。

てんやの天ぷらが『美味しい』理由

食材はすべて、こだわりの「てんや」仕様
その美味しさを支えるてんやの天ぷら油!!

低価格で安全安心の美味しさを作るために、「てんや」では食材を厳選し、加工から供給に至るまで、独自のルートによるネットワークを確立しています。天ぷらにとって粉と油は命です。創業以来天ぷら粉は日清製粉・日清フーズと共同開発を重ねてきました。油も創業当初より日清oillioに特注し、軽い風味とサクサク感、食材の美味しさを一層引き立てる健康的な植物油を使用し、どなたからも飽きられず、好き嫌いなくお召し上がりいただける工夫を重ねています。オートフライヤー(天ぷら自動揚げ機械)においても、廃油がほとんど出ない等、環境にやさしい設計を施しています。

てんやの天ぷら油は
植物油100%!!
「コレステロールがゼロ」

※コレステロールがゼロは天ぷら油のことであり、天丼、天ぷらがコレステロールゼロではありません。

植物油はビタミンEの
大切な補給源です!

日本人は、ビタミンEのおよそ2割(補助食品を除く)を食物油からとっているといわれています。

天丼てんや